• TOP
  • トヨタの最新コンパクト・クロスオーバー、新型アイゴXが欧州デビュー!! 1リッター3気筒エンジン搭載

 ー 

トヨタの最新コンパクト・クロスオーバー、新型アイゴXが欧州デビュー!! 1リッター3気筒エンジン搭載

Writer:カー・アンド・ドライバー編集部 

 新型アイゴXがヨーロッパでデビューした。新型は、コンパクトなAセグメントで唯一のクロスオーバーとして、ヨーロッパのニーズを満たすためにヨーロッパで設計および製造された。

 アイゴは2005年に初めて市場に登場して以来、トヨタにとってヨーロッパで最もアクセスしやすい車であるだけでなく、若くて楽しいキャラクターでファンを獲得した。新型は人気のクロスオーバーフォルムに進化。プラットフォームはトヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー(TNGA)のGA-Bを採用。ヤリスやヤリスクロスと同様のプラットフォーム上に構築されている。

 前後のオーバーハングは短く切り詰められ、小型のリアセクションを特徴とする、ユニークなスタイルが目を引く。

 ボディサイズは全長3700×全幅1740×全高1510㎜。フロントのオーバーハングはヤリスより72㎜短く、最小回転半径は4.7mと小回りがきく。

 ラゲッジ容量は231リッターを確保した。

 オプションで格納式キャンバストップを備えた点も新型の特徴だ。Aセグメントクロスオーバーとして初の装着例だという。

 インテリアではセンターに9インチの大型タッチスクリーンを備え、トヨタ・スマートコネクトによってスマートフォンと連携できる。

 もちろんAndroidAutoおよびAppleCarPlayを使った有線および無線のスマートフォン接続も提供される。

 安全運転支援システムは最新のトヨタ・セーフティセンスを搭載。単眼カメラセンサーとミリ波レーダーの組み合わせを採用しており、車両検出機能を備えたプリコリジョンシステム(PCS)がより高速で動作するように進化。昼と夜の歩行者検出、昼間のサイクリスト検出、衝突軽減サポート、インテリジェントアダプティブクルーズコントロール、レーントレースアシスト、緊急ステアリングアシストなどが備わっている。

 パワートレーンは欧州の最新規制に対応するよう改良した1KR-FE型1リッター直列3気筒エンジンにS-CVTを組み合わせた。

 新型アイゴXは2022年に欧州各地で販売を開始する予定である。

関連記事

1

Related Article新車情報もっと読みたい

What's News最新情報