CAR and DRIVER Back
What's New
New Car News
名車グラフィティ
CARクラブガイド
達人ショップ
アートギャラリー
ズバリひと言
不満と満足
プレゼント
モニター募集
アンケート
ピックアップ
MINIミニ復活大作戦
モータースポーツ
リンク
バックナンバー
ズバリひと言
読者からのメッセージ

●新型スープラ。ついに発表されましたね。発売が楽しみです。詳細な記事ありがとうございます。

東京都 エボ]

●トヨタ・スープラの復活はとてもうれしいのですが、残念なのはハード面をBMW主導で開発し、生産拠点は日本ではなくオーストリアであること。ひと足先に復活したホンダNSXも生産はアメリカですし……。日産GT—Rは将来モデルチェンジしても“国産”という点にこだわってほしい。

千葉県 小原淳一

●2016年式アクアに乗っています。3月で車検がくるので、トヨタ店に予約しました。自動車保険も更新して、「なんてお金がかかるんだ」と叫んでいます。愛車のためです、頑張って仕事します

広島県 アクア8V7

●クラウンの全幅(1800o)はコンパクトカー並み”という記事を見たことがあります。1800oというと十分に幅広と思いますが

長野県 上原博行

●「ボクの退職記念にポルシェを買ってもいい?」と聞いたら、「好きなのを買えば」と妻。なんて理解のある嫁さんなんだ、と思ったら、翌朝、衝撃のひと言が。「ところで、そのポルシェ、何ていう名前?」「ケイマンっていうんだよ」「ふーん、ポルシェも軽を作っているんだ」「うーむ……」。何も理解していなかったみたい。

群馬県“軽マン”

●MINIのルーツ、オースチン・マイナー/モーリス・マイナーは1959年発売。日産フェアレディZは69年発売。スズキ・アルトは79年発売。89年はトヨタ・セルシオ、日産スカイラインGT—R、マツダ・ロードスターなどが発売されています。新型車のデビューカレンダーを作ると、意外な発見があります。

神奈川県 稲田真司

●トヨタ・ハイラックスがダカール2019で優勝した。豊田章男社長がすぐに喜びのコメントを出したが、こうした素早い対応がトヨタ・ファンの拡大に大きな影響を与えると思う。トヨタのWRC活動にも期待が高まるなあ。

千葉県 山田健太郎

●自動運転の技術開発競争が盛んに報道されていますが、日本の各社の技術力は、どのくらいのレベルにあるのか、いまひとつわからない。自動運転に取り組む日本メーカーの現状と、将来はどのような運転ができるようになるのか、特集してもらいたい。

大阪府 大沢よしのり

●新型トヨタ・スープラは、古典的なスポーツカースタイルのように感じました。ロングノーズ、スモールコクピットという点は、世界中のスポーツカーファンを喜ばせそうです。CD誌3月号の写真を見ると、直6だとフロントが重くないかと、ちょっと気になりました。

千葉県 幕張メッセージジ

●東北自動車道と新東名高速道路の一部区間で試験的に最高速度を上げるのはいいけど、それだけの速度で走ってもいいような車両管理(点検)はキチンとすべきだと思う。

大阪府 くるきち

●平成の終わりが近いですが、ボクの平成初期(1990年代)のクルマの思い出といえば、エアバッグとABSの普及、軽自動車の規格変更、六連星マークのないSUBARU車、そして、いまトヨタのCMに出演しているイチロー選手が日産のCMをしていたことでしょうか。CD誌でも平成時代のクルマ界について特集してもらえませんか

宮崎県 久保田京

●CD誌3月号に掲載されていたトヨタ・セリカXXのミニカーを、かつて持っていたことを思い出しました。車両運搬車のミニカーがあって、セリカXXと日産スカイライン(ジャパン)のHTと同梱されていました。

北海道 村井せいし
▲愛知県 こたつみかんさん

▲東京都 光永晋さん

▲長野県 クワッチさん

▲神奈川県 Mr.Kanaさん

▲愛知県 安部智哉さん

▲千葉県 長谷川孝史さん
●すべての投稿とイラストは CAR and DRIVER 4月号をお読みください。
※採用された方には記念品をプレゼントします
個人情報保護について
 
  お問い合せ プライバシーポリシー ご利用規約