CAR and DRIVER Back
What's New
New Car News
名車グラフィティ
CARクラブガイド
達人ショップ
アートギャラリー
ズバリひと言
不満と満足
プレゼント
モニター募集
アンケート
ピックアップ
MINIミニ復活大作戦
ブログ
モータースポーツ
リンク
バックナンバー
ズバリひと言
読者からのメッセージ

●4月号の特集「国産春の新車4モデルの実力」は面白かったです。たしかに同時期にコンパクトカーのハイブリッド(HV)が出てきましたね。スズキ・スイフトもトヨタ・ヴィッツも日産ノートもHVの方式は3車3様。実燃費も気になりますが、今回の特集で取り上げていたモデルはいずれもスポーティで、走りがよさそうなところもグッドでした。ボクなら……パワートレーンが新鮮なノートeパワーかな!

東京都 野田浩

●マイナーチェンジしたり、WRC(世界ラリー選手権)に参戦(欧州名のヤリスでエントリー)を始めたりと、最近、ヴィッツがなにかと注目を集めていますね。そこでトヨタにひと言。ヴィッツTGRコンセプトにせよ、ヤリスのスポーツバージョンにせよ、こういう時代だからヤリスぎうんぬんいわないで、ヴィッツくり仰天するくらい凄いクルマにしてください!

長野県 北原賢一

●トヨタC—HRを購入するなら「後方視界が悪い」とか「オフロード走行が厳しい」などといってはいけない。マツダCX—3もそうだが、デザイン性を重視し、割りきったメーカーの姿勢は好印象です。。

埼玉県 烏天狗

●いつも「ドライバーズ・インフォメーション」を楽しみにしています。4月号の自動運転技術の話題は興味深かったです。たしかに自動運転は、もはや自動車メーカー単独での開発は無理があります。ホンダとグーグルの提携など、ちょっと前までは考えられなかった異業種間の連携が始まっています。あとはどこのメーカー、そして国が主導権を握るか、注目ですね

東京都 門脇利夫

●いよいよ2017年のモータースポーツシーンが本格的に開幕しますね。WRCはトヨタが頑張っているし、インディカーはアンドレッティに移籍した佐藤琢磨選手が開幕戦から好結果を残し、久しぶりの優勝が見えてきました。数あるカテゴリーの中で、今季はスーパー・フォーミュラ(SF)に注目しています。それはドライバー層が例年になく厚いからです。とくにルーキーは、GP2チャンピオンのピエール・ガスリー選手を筆頭に、F3マカオGPやフォーミュラEで活躍中のフェリックス・ローゼンクヴィスト選手、ゲーム出身ドライバーのヤン・マーデンボロー選手などの実力者が揃っています。ベテランには、中嶋一貴選手や小林可夢偉選手、アンドレ・ロッテラー選手などの元F1ドライバーをはじめ、SFチャンピオン経験者の山本尚貴選手と石浦宏明選手、国本雄資選手もいます。SFをまだ見たことがない方は、ぜひサーキットで観戦を。無理な方は、BSフジが決勝を全戦生放送しますから、そちらをご覧ください。

静岡県 クッキー

●4月号の「名車復刻版カタログ」で掲載されていたメルセデス・ベンツTは風情があってよかったです。70年代のヨーロッパの雰囲気が伝わってきたし、ステーションワゴンがまだ貨客両用で使われていたこともわかりました

北海道 兄ちゃん

●4月号からスタートした新連載の「奇才、中島知久平の生涯」をじっくり拝読しました。富士重工の前身が中島飛行機であったことはよく知られていますが、創業者についてはそれほど存じ上げず、勉強にもなりました。読んでいて思ったのですが、もし中島飛行機がGHQによって12社に解体されることなく、そのまま自動車生産に乗り出していたら、スバルはいまよりももっと大きなシェアを持つメーカーになっていたかもしれませんね。

群馬県 温泉天国

●4月号の特集「2017MINI全科」を楽しく拝読しました。新型クロスオーバーのデザインセンスは最高で、次の愛車候補にしたいところですが、いっそう大型化されたボディサイズが……もうワンサイズ小さいといいですね。

大阪府 テルロー

●4月号の「2017MINI全科」は面白かったです。昨年の輸入車のモデル別販売台数で首位を取ったところで、タイムリーでしたね。クラシック・ミニからのファンの中には「最近のMINIはボディが大きくなりすぎ」といった意見も多いです。それはたしかにそうなのですが、ボディサイズの拡大は、販売台数増に貢献していると思います。大きくなって使い勝手がよくなったからこそ、新たなユーザー層を獲得し、販売増につながったからです。でも、これ以上大きくならないでほしいな。

神奈川県 関谷幸雄

●新型ボルボ90シリーズがデビューしました。4月号に載っていたV90を見ると、デザインはほかのどの国のモデルにも似ていませんね。余談ですが、V90の荷室容量はワンクラス下のV70よりも少ないとのこと。主な理由はラウンドしたテールエンドのデザインにありますが、これが新世代ボルボなのでしょう。

佐賀県 ガッツ

▲沖縄県 崎浜歩さん

▲京都府 辻徳男さん

▲北海道 野澤多加志さん

▲長野県 萃山勝宏さん

▲愛知県 釜田健弘さん

▲愛知県 こたつみかんさん
●すべての投稿とイラストは CAR and DRIVER 5月号をお読みください。
※採用された方には記念品をプレゼントします
個人情報保護について
 
  お問い合せ プライバシーポリシー ご利用規約