CAR and DRIVER - カーアンドドライバー Back
What's New
New Car News
名車グラフィティ
CARクラブガイド
達人ショップ
アートギャラリー
ズバリひと言
不満と満足
プレゼント
モニター募集
アンケート
ピックアップ
MINIミニ復活大作戦
ブログ
モータースポーツ
リンク
バックナンバー
  現代のBMWに大きな影響を与えた
偉大なるサルーン
  BMW2000 (1968年式)


PhotoPhotoPhoto

66年には100psの2000と、120psの2000TIが登場。最上級グレードとしての2000シリーズは、ヘッドランプを丸型から角型に変えるなど、他のモデルとの差異化を図っていた。69年はインジェクションを装備して130psにアップした2000tiiが登場し、高性能をアピールした。この後、72年に1st5シリーズにバトンタッチする。

高レベルのシャシーに力強いエンジンを得た4ドアサルーンは、レースに挑戦する。BMWは700の時代からETC(欧州ツーリングカー選手権)に参戦し、何度もクラス優勝を獲得した。その流れを受け継いで、今度は総合優勝や年間タイトルを獲得しようとしたのだ。

最初、64年に1800TIが参戦し、早くも同年に総合優勝する。翌年はボディの一部にアルミを採用して軽量化し、エンジンを130psにパワーアップした1800TI/SA(SAは“スポーツ仕様”を示すドイツ語の頭文字)を200台製造。「ツーリングカーのル・マン」と呼ばれるスパ・フランコルシャン24時間に参戦し、総合優勝する成績を残した。

スペック表


<<BACKNEXT>>

  お問い合せ プライバシーポリシー ご利用規約